アルツハイマーを予防できる時代に突入|症状を食生活で予防

糖尿病と診断された方々へ

血液

ヘモグロビンa1cとはグリコヘモグロビンのことで、血糖値に比べ数値が安定しており、糖尿病判定の基準に用いられます。この値は健康診断で確認することができるので定期的に調べることが大切です。数値が基準値を超える場合はすぐに専門医を受診し、専門的な指導の下生活習慣を改善することが大切です。

More Detail

乳酸菌の力とは

栄養補助食品

乳酸菌は腸内に存在する善玉菌の一つです。悪玉菌と善玉菌のバランスはふとしたことで変化してしまうので、積極的な乳酸菌摂取が望まれます。ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれていますが、乳酸菌サプリを利用するのも良いでしょう。

More Detail

目や美容に働きます

果物

ブルーベリーのサプリは多くの人が目の健康維持に取り入れています。購入する際には、アントシアニンの含有量や使用されるブルーベリーの種類を確認することが大切です。また、ポリフェノールを豊富に含むため、抗酸化作用にも優れています。

More Detail

食事で気を付ける事

シニア女性

アルツハイマーは脳の糖尿病とも言われています。ですので、血糖値の上昇には気を付けなくてはいけません。甘いものって美味しいので、ついついたくさん食べてしまいがちですが、出来る限り食べる量をセーブして、糖質の取り過ぎに気を付けましょう。血糖値が上がりやすい食材には、白米やパン、うどんなどの炭水化物になります。逆に血糖値が上がりにくく食材は、野菜やフルーツ、そばやスパゲッティになります。アルツハイマーにならない為にも、GI値が低いものを摂取するようにしましょう。ですが、あまりにもGI値の事ばかり気にするというのも、ストレスが溜まってしまいます。我慢できなくてドカ食いする事の無いように、何を食べても良い日を設けて、負担のかからないようにしましょう。

アルツハイマーにならない為にも、食生活の改善は欠かせません。ですが、普段食べているメニューでも、十分にアルツハイマーの対策が出来るのをご存知ですか。それは、食べる順番を意識する事です。ご飯を食べる際に、一番最初にGI値の高いものに手をだしてしまいますと、血糖値が急激に上昇してしまいます。逆に、サラダなどのGI値が低いものから食べる事で、血糖値が緩やかに上昇するんです。また、1つ1つの食材をよく噛んで食べる事で、脳が刺激されてアルツハイマー予防になります。血糖値が気になるからと言って、食事制限をするよりも、ご飯を食べる順番を意識して、よく噛むことを意識しましょう。そうすれば、楽しくアルツハイマー予防をする事が出来ますよ。